• 会社沿革
  • 会社沿革
  • product 製品開発

Sports Attack(スポーツアタック)の取引先

ジョージア大学

南カリフォルニア大学

マリスト高校

ピッツバーグ・パイレーツ

マンダリン高校

UCLA

ルイジアナ大学

フロリダ大学

テネシー大学

カリフォルニア大学バークレー校

エル・ドラド・カントリークラブ

ジョン・ヤンデル・テニススクール

キングズバーグ高校

リオ・デル・オロ・ラケットクラブ

シティビーチ・バレーボールクラブ

アーバイン・バレー・カレッジ

パロス・バーデス高校

スタンフォード大学

ブレア・アカデミー

ラトガース大学

セカンドバプティストスクール

取引先

Sports Attack(スポーツアタック)について

Sports Attack 本社

ネバダ州 ヴァーディ

ダグ・ボーナー

共同設立者:製品設計およびエンジニアリング部門長

カート・ブレナー

共同設立者:ワールドワイド・セールス・チーム統率

アマンダ・プラット

共同設立者:ワールドワイド・マーケティング活動統率

リタ・ボーナー

共同設立者:オフィスと財務管理

会社沿革

1995 年、ネバダ州 レノに設立。
「Sports Attack(スポーツアタック)社は、高品質のトレーニング用品を扱うメーカーである」 Sports Attack(スポーツアタック)社を知るには、この一文だけでは到底語りつくせません。
Sports Attack(スポーツアタック)社は、製品の設計だけではなく、検査、分析、製造に至るすべての工程を昔ながらの製法で、ひとつひとつ丹念に手作業で作り上げています。しかも、マシンのパーツ、ホイール、モーターなどの構成部品はすべて、米国で製造されたものを使用しています。

また、マシンに対する信頼性につきましても、製造後の細部にわたる検査を実施することで、より確かなものにしています。この確たる信頼があってこそ、Sports Attack(スポーツアタック)社のブランドが成り立っているのです。

このようなSports Attack(スポーツアタック)社の丁寧なマシン製造プロセスが、企業としての誠意ある姿勢を反映していると言えます。特徴的で他にはない設計と、緻密で品質の高い開発技術により、画期的で効果的なトレーニングマシンを生み出しているのです。
また、Sports Attack(スポーツアタック)社では、製品の 設計と開発 が非常に重要であると考えています。

Sports Attack(スポーツアタック)社の設立は 1995 年ですが、設計、製造のスタッフは、40 年以上も前に野球業界で最初のホイールマシンを手がけた熟練者たちです。ここ数年、さまざまな改良が行われてきましたが、従来のピッチングマシンに 3つのホイールを導入するという画期的な改良に勝るものはありません。この導入により、ボールがマシンから繰り出される瞬間がはっきり見えるようになり、タイミング感覚も鍛えられる練習が可能になったのです。

Sports Attack(スポーツアタック)社の企業としての統合性は、非常に重要な資産であり、世界規模でもこの統合性を維持することを重要視しています。 また、Sports Attack(スポーツアタック)社は、企業の水準を常に高く設定し、事業を正しく倫理的に運営しながら、設定基準を遵守しています。これからも、企業理念を真摯に受け止め、熱意を持って絶えず次のステージを追い求めていきたいと思っています。

企業理念

Sports Attack(スポーツアタック)は、あらゆるレベルのスポーツ選手が、自身の潜在能力を十分に引き出すことができる、高品質で画期的なスポーツ・トレーニング用品です。コーチとして、優勝できるチームを育てることができます。

製品についてのお問い合わせは、info@sportsattack.jp までご連絡ください。